Home > ML115 | PV4 | PC > ML115:CPUを交換してアップグレードしてみる

ML115:CPUを交換してアップグレードしてみる

ml115_how_to_upgrade_cpu_05.jpg

ML115のCPUをサクッと交換してデュアルコアマシンに

HP ML115にはAthlon 64 3500+が搭載されています。
このままでもそれなりに使えますが、PV4のキャプチャが安定しないので
Athlon 64 X2 5000+ Black Editionに換装してみます。

用意するもの

  • Athlon 64 X2 5000+ Black Edition
    • TDP 65Wと低電圧ながらオーバークロック可能というお得CPU
    • ファンとヒートシンクは最初からついているものを流用します
    • 2008/01/06現在、秋葉原で¥12,000前後です
    • 秋葉原のZOAで¥12,100で購入
  • T-15 トルクスドライバー
    • これでケースを開けたりヒートシンクを外します
    • ヘックスドライバーとかスタードライバーとも呼びます
    • 秋葉原のヨドバシのホビーコーナーで¥580で購入
  • セラミックグリス
    • CPUに塗ります 大体¥500~¥800くらい
  • マニキュアの除光液
    • ヒートシンクと外したCPUのグリスを除去するのに必要
    • 100均にあります トリートメントや香料が入ってないものを
  • 掃除機とエアースプレー
    • PC内部は意外とホコリだらけ ついでに掃除しちゃいましょう

-

換装してみる

  1. 交換前にゲームやエンコードなどでCPUに負荷を与えておきます
    • グリスを温めることで、ヒートシンクが外れやすくなります
  2. トルクスドライバーでML115を開けます
    • ml115_how_to_upgrade_cpu_01.jpg
    • ビデオカードがある場合はここで外しておきます
    • ここでCPUファンのHPロゴの向きを覚えておきましょう
  3. ヒートシンクの四隅のネジを緩めます
    • ml115_how_to_upgrade_cpu_02.jpg
    • 一気に緩めるのではなく、
      4本それぞれをバランスをとりながら緩めます
    • 「パキン」という手応えがくるまで緩めましょう
  4. ヒートシンクをまわしながら外します
    • ml115_how_to_upgrade_cpu_03.jpg
    • CPUからもぎ取るようにヒートシンクをヒネって取り外します。
    • グリスが固まっている状態で、無理に引き抜こうとすると
      ヒートシンクにつられてCPUが抜けます(通称:CPUすっぽん)
      こうなるとピンが曲がり買取価格が下がるので困ります。
  5. 外したCPUとヒートシンクのグリスを除去します
    • ml115_how_to_upgrade_cpu_04.jpg
    • 除光液を染み込ませたティッシュで丹念に拭き取ります
  6. 新しいCPUを差し込み、グリスを塗ります
    • ml115_how_to_upgrade_cpu_06.jpg
    • ソケットとCPUの目印をあわせて差し込みます
    • グリスはムラなくのばしつつ塗ります 厚めでもOK
    • 専用のヘラがない場合はコンビニで貰えるプリンのスプーンが使えます
  7. ヒートシンクを載せて、ネジを締めます
    • HPのロゴを目印に、方向を間違えないように載せます
    • ここも1本を一気に締めるのではなく、
      4本それぞれをバランスをとりながら締めていきます
    • 突然ねじが回らなくなるポイントがあるので、そこまで回します
  8. 外しておいたカードを戻して、ケースを閉めます
  9. 電源を入れて無事を確かめます
    • マイコンピュータを右クリック->プロパティでCPUを確認できます
  10. 完成!

-

オーバークロックしてみる

動作報告が多い3.0 GHzのオーバークロックに挑戦してみました
3.0GhzにするとパフォーマンスがAthlon X2 6000+と同等になります

なお、ヘタすると起動不能になるので実行する場合は自己責任で

  1. F10を押しながらML115を起動
  2. Advanced」から「CPU Configuration」を選んでEnter
  3. ACPI 2.0 Objects」を「Disabled」にする
  4. そのまま「AMD Overclocking Configuration」を選択
  5. Processor Frequency Multiplier」を「x15.0」にする
  6. F10を押し、「OK」を選んで終了

-

Athlon 64 X2 5000 BEに換装してみて

PV4のキャプチャが安定し、エンコード時間は体感で1/3程度に短縮されました。
また、シングルコアからデュアルコアになったおかげで、
エンコード中でも動画を見たりIE開いたりできるので便利です。
3Dゲームはボトルネックがビデオカードなので、
思ったほどフレームレートは伸びなかったものの、まぁまぁ快適。

実売¥12,000程度のCPUでここまで快適になるんで、
Athlon 64 X2 5000 BEへの換装は結構オイシイと思います。
CPUファンも流用できるしいいことづくめ。

ちなみに外したAthlon 64 3500+はじゃんぱらで売りました
査定価格は¥2,300でした(2008/01/04現在)

-

参考リンク

hp鯖-ProLiant-ML115(格安Server) - wiki@nothing
ML115のまとめwiki アップグレード情報あり

AKIBA PC Hotline!
価格.com - AMD Athlon 64 X2 5000+ Black Edition 価格比較
どちらも価格比較用

関連記事

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackback+Pingback:2

TrackBack URL for this entry
http://anti.dmz-plus.com/2008/01/06/ml115_how_to_upgrade_cpu/trackback/
Listed below are links to weblogs that reference
ML115:CPUを交換してアップグレードしてみる from anti.dmz-plus.com
Trackback from GOOGLE志望 08-01-11 (金) 22:14

T105 vs SC440 vs ML115…

ということで年末セール http://configure.apj.dell.com/dellstore/config.aspx?c=jp&cs=jpbsd1& (more…)

Trackback from orapapa-blog 08-05-02 (金) 2:38

HP ML115のバージョンアップ…

会社より借用している『HP ML115』。
激安サーバとしていろんなサイトで紹介されています。
下記は、かなり勉強、情報が集まっているWikiサ (more…)

Home > ML115 | PV4 | PC > ML115:CPUを交換してアップグレードしてみる

最近の注目記事
  • N/A
キーワード
DELLのおすすめPC
デル株式会社
Feeds

Page Top