Home > ライフハック | PC > Adobe Reader:謎のプロセス AcroRd32.exe

Adobe Reader:謎のプロセス AcroRd32.exe

PCを起動してから1度もPDFを開いた覚えはないのに
なぜか常駐している「AcroRd32.exe」の件について。

  • 現象
    タスクマネージャーを見ると、「AcroRd32.exe」というプロセスがいる。
    実害は無いが、リソースを消費されててムカつく。
  • 原因
    Adobe Acrobat Readerがバックグラウンドでアップデートモジュールをダウンロードをしているせい。
    このため30Mバイト程度のメモリが消費される。
  • 消す方法
    以下の手順で消せる。

    1. スタート」ボタンから「Adobe Reader」を実行
    2. 編集-環境設定」を開き「分類」から「インターネット」を選択
    3. バックグラウンドでのダウンロードを許可(S)」のチェックを外して「OK」を押す。
  • 上記手順を行うとAcroRd32.exeがいなくなる
    が、今後のアップデートは手動で行うことになる
    (「ヘルプ-アップデートの有無を今すぐチェック」)
  • 勝手にセキュリティアップデートをして欲しい場合は、
    この手順を行わないこと。

関連記事

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://anti.dmz-plus.com/2007/12/18/adobe_reader_what_is_acrord32_exe/trackback/
Listed below are links to weblogs that reference
Adobe Reader:謎のプロセス AcroRd32.exe from anti.dmz-plus.com

Home > ライフハック | PC > Adobe Reader:謎のプロセス AcroRd32.exe

最近の注目記事
  • N/A
キーワード
DELLのおすすめPC
デル株式会社
Feeds

Page Top